乾拭き

 普段は畳の目に沿って掃除機をかけてホコリを一掃します。畳の清掃は昔からホウキとお茶っ葉が

一番適しているとも言われています。出がらしのお茶っ葉をギュッと絞って畳にまき、ほうきで一緒

に掃き出せばホコリも香りもスッキリします。

 畳を拭くときは畳の目に沿って、必ず乾いた雑巾で拭いてください。濡れ雑巾で拭くと黒ずむこと

があります。汚れを見つけた場合は、酢を薄めた水で雑巾を固く絞って拭きよく乾かしてください。

裏返し

 畳表を裏返してそのまま使用することを裏返しといいます。 

新品で購入または、表替えをしてから3~4年目で行うのがおすすめです。特に品質の良い表を

購入された場合は裏返しをして、日焼けして色が変わったり、痛みが激しくなるまでご使用するのが

経済的です。

畳干し

 本来は年2回、春と秋のよく晴れた日に畳を干すと良いと言われています。

まず先端の尖ったもので、中央にある畳から持ち上げて取り外します。取り外した畳は一枚、一枚

大きさが違いますので、入れ間違うと、入らなくなります。なので必ず向きとどこにあったものかを

印をつけておきましょう。干す時は地面に畳が直接つかないようにすることが大切です。

ブロックなどを台にし、洗濯竿などに立てかけるように干しましょう。ベランダに立てかけても良いでしょう。

この際、畳表を直接日光に当てないようにしてください。畳床の面を日光に向けて、ホコリをたたき出して4~5時間干してください。畳を干せない場合は、単純に床から畳を浮かして、空き缶などをはさんで、風を通すだけでもOKです。

畳替え

 畳床はメンテナンス次第で30年以上持ちますが、歩いた時にプカプカしたり、畳と畳の隙間がかなりできてしまったら替え時です。畳屋さんにご相談ください。


しみ抜き

畳は濡らしたままにすると黒ずみが出てきてしまいます。それぞれの汚れを処置した後はしっかり部屋に風を入れ、乾かしてください。

・インク:牛乳を湿らせて拭き取るか、レモンで湿らせたあと、塩素酸ソーダを10倍に薄めたもの

     で拭き取ります。

・醤油やソース:染み込まないように小麦粉やベビーパウダーなどをすぐに振りかけ、水分を吸い取

     らせます。その後粗塩をふりかけ、叩いて畳の目からパウダーを浮き出させ、掃除機をか 

     けます。

・クレヨン:乾いた雑巾にクリームクレンザを少しつけて拭き取ります。

・ペットのおしっこ:塩、小麦粉、パウダーのいずれかをすぐに振りかけ、水分を十分に吸い取ら

     せてから掃除機をかけます。その後お湯で濡らした雑巾を固く絞り、よく拭いて、さらに

     乾拭きしてよく乾かします。灯油の場合も同様です。



神奈川県畳工業組合加盟店

Houzzに登録中の鎌倉市, 神奈川県, JPの金子芳史

畳工1級技能士

営業時間

08:00~17:00 

定休日

不定休 

お問い合わせ

TEL: 0467-22-6713

FAX: 0467-25-0536 

お問合わせはこちらから